日本口腔インプラント学会 関東・甲信越支部

長野関東・甲信越支部 研修施設紹介

松本歯科大学病院

研修施設名 松本歯科大学病院
責任者名他
施設長
植田 章夫(口腔インプラント科 教授)
 
芳澤 享子(口腔顎顔面外科学講座 教授)
 
吉成 伸夫(歯科保存学講座 教授)
 
樋口 大輔(歯科補綴学講座 教授)
 
黒岩 昭弘(歯科理工学講座 教授)
所在地 〒399-0781 長野県塩尻市広丘郷原1780
HPアドレス https://www.mdu.ac.jp/hospital/
電話・FAX番号 電話: 0263-51-2300
FAX: 0263-51-2345
Eメールアドレス  
研修施設の紹介

[ 沿 革 ]

松本歯科大学病院におけるインプラント治療は1985(昭和60)年、本学と住友化学工業が共同開発したブレードタイプインプラントの臨床治験を期に統括され、系統だった治療が行われるようになりました。その後、2007年2月口腔インプラント科が設立され2009年3月22日、日本口腔インプラント学会認定より研修施設として認定を受け現在に至っています。

[ 特 色 ]

本施設では、口腔インプラント科が中心となり、関連する臨床各科の歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士が参集してインプラントカンファレンスを開催しています。カンファレンスでは本学における全てのインプラント症例についてのプレゼンテーションを行い、忌憚のない活発な意見交換をもとに治療方針を確認し、安心、安全そして確実なインプラント治療を提供しております。また当施設は地域とも密接に関わっており、本学の植田章夫施設長が世話人代表として長野県歯科インプラントネットワークを立ち上げ、県内の他施設とも交流を図っています。今後の展望として,歯科大学の特性を生かし、臨床研究,基礎研究を基盤としてインプラント臨床の質の向上、ならびに さらなる安心、安全そして確実なインプラント治療を提供することを目的としていく所存です。

なお、当施設は大学系研修施設であるため、研修施設としての運営・活動は学内の各分野に所属する医局員によって行われています。入局を希望される方は、それぞれの責任者や医局員にぜひご相談ください。(文責樋口大輔)

研修活動・教育活動 学会認定講習会等について

口腔インプラント科が中心となり、関連する臨床各科の歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士が参集してインプラントカンファレンスを開催し情報共有を図りながら、安心、安全そして確実なインプラント治療を提供できるよう研修を行っています。また連携する開業医の先生方をお招きし症例発表や意見交換なども積極的に行っています。

当施設は地域とも密接に関わっており、本院をはじめとして長野県下の医学部附属病院歯科口腔外科1施設、総合病院歯科口腔外科14施設からなる長野県歯科インプラントネットワークを立ち上げ、インプラント治療に関する情報提供および共有、病診連携の充実、県民に対するインプラント治療に関する啓発などに努めています。

松本歯科大学病院 松本歯科大学病院 松本歯科大学病院 松本歯科大学病院