日本口腔インプラント学会 関東・甲信越支部

新潟関東・甲信越支部 研修施設紹介

新潟大学医歯学総合病院 顎口腔インプラント治療部

研修施設名 新潟大学医歯学総合病院 顎口腔インプラント治療部
責任者名他
施設長
魚島 勝美
副部長
荒井 良明
所在地 新潟県新潟市中央区旭町通一番町754
HPアドレス https://www.nuh.niigata-u.ac.jp/department/center25.php
電話・FAX番号 電話: 025-227-2960
FAX:
Eメールアドレス  
研修施設の紹介

新潟大学歯学部は1965年に日本海側唯一の国立大学歯学部として開設され、東京医科歯科大学、大阪大学に次いで3番目に古い歴史を持っています。1986年から本格的にインプラントの臨床と研究がスタートしました。時を同じくして発足した日本口腔インプラント学会で研究発表を重ね、1996年には学会の認定研修施設となり、後進の育成に励んでいた矢先、2000年3月に唯一の指導医が急逝され認定施設取り消しとなってしまいました。その後2013年に魚島勝美教授の下で改めて認定研修施設となり、現在までに指導医2名、認定医3名、専修医2名を輩出し、学会員は17名となりました。2020年4月には顎関節疾患と口腔インプラントを統括する部門となり、名称を顎口腔インプラント治療部に変更しました。本院の使命である、医学発展に貢献できる指導的な人材(研究者・教育者)や地域歯科医療に貢献する専門職業人の育成に努めることを目標に、臨床・教育・研究活動をしています。

当研修施設の特徴は、大学病院の中にあっても診療科間の垣根が低いことです。口腔外科や補綴科、歯周科といった領域を超えて、地域の先生方から紹介された難症例に対応しています。また、インプラント適用を一口腔単位治療の一部と捉え、全症例について治療部全体で症例検討を行い、可能な限り一連の治療をすべて1名の担当医が行う方針としています。

研修活動・教育活動 学会認定講習会等について

本院では、卒後教育の一環としての院内独自のインプラント認定医コースを設けて研修を行っています。病院に所属する先生はもちろん開業医の先生方は研修登録医となれば誰でも受講することが可能です。

本院ではインプラント治療を安全かつ適切に提供できるよう、一定の基準を満たすまで独立してインプラント治療を担当することができません。まず、登録医として指導医の下で手術から補綴までを5症例見学することで担当医となります。担当医として指導医の下で埋入手術(骨増生手術を含む)から補綴までを実際に5症例担当することで、認定医として、院内で独立してインプラント手術や補綴ができるようになるシステムです。この間に一定数の症例検討と半年以上の予後観察後に行う症例報告を行うこと、および学会での発表が求められます。
このような認定システムと症例検討の義務化によって、院内のインプラント治療を全て把握し、その質を保証できると考えております。

新潟大学医歯学総合病院 顎口腔インプラント治療部